不法な地域「FC2アニメーション」破壊を支持したAVメーカーの熱意

損害の量は、東京オリンピックのための予算と同じレベルです!

アニメーションまで、数えきれない日本内容からのコミック(アダルトビデオ)は、不法にインターネット上でアップロードされます。 スーパーがその翌日にそれであることはそれのために自然です、そして、テレビで放送されるアニメーションはアップロードされます。 中国では、翻訳された日本のコミックは読めました、そして、無料の違法なiPhoneアプリケーションさえ回ります。

そのような違法なアップロードによる損害が総金額のためにいくらかは、計り知れないです。

日本書籍出版の協会のテスト計算によって、ネット中に広まっている本の損害の量は、270億円です。 百100万1,500-3,000日本円の日本のコメディアンが北アメリカで2007年から11まで不法にアップロードされると言われます。 私は、私がアニメーションとゲーム(これへのアダルトビデオ)を加えるならば、天文学的な数が簡単に違法なアップロードによって失われると想像することができます。 言い換えると、違法なアップロードは、日本のあらゆるコンテンツ産業に、重い損傷を引き起こします。

そのような違法なアップロードの温床になっている代表は、動画共有サイト「FC2」を持ちます。

同社はブログまたはレンタル・サーバーのようなビジネスを果たして、インターネット利用者のために、有名な会社です。 特に、ブログはブログ設立、およそ80億の毎月のページ・ビューPVと理由(2011年のデータによる日本)の人々の5,600,000の数にさえ、いくつかのトップを自慢します。

しかし、会社実質は、巨大さのために不可解です。

この会社は、1999年にそれを確立します。 私は本社をネバダ・ラスべガスに置きました、そして、日本の高橋理洋という名の人がCEOであると言われます。 この高橋がどんな人であるかは、明らかでありません。

そして、本社がアメリカ合衆国にあるので、日本の民法は劣っています。 したがって、権利侵害を述べることは難しかったです、そして、ブログと違法なアニメーションによる猛烈な貢献のアップロードのために、FC2はユーザーの違法行為を本来残しました。 そのような憲法(いわば会社(それ)のサービスに関しての)のため、犯人の天国でなりました不法にアップロードされる多くの内容が配達された不法な地域。

不法な地域では、然るべき請求者は、ついに立ち上がりました。 非営利団体(NPO会社)(知的所有権促進)(IPPA)の協会に属した日本の7つの成人絵制作メーカーは、許可のない示されたにであったと言っている損害賠償の補償のために、東京地方裁判所にビデオ働きを提示しました。